KUROZOME

REWEAR

FROM KYOTO

持続可能な社会へ向けて

​私たちができること。

京都紋付は、日本の伝統的な正装である黒紋付だけを

1915年以来染め続けてまいりました。ただひたすら世界一の

黒を求め、黒を一層深みのある黒へと。

「黒に染めれば、服は生まれ変われる。」

究極の黒の完成。

よりサステナブルな社会のためにお気に入りの一着をずっと大切にするために、「黒染」によるリウェアという選択肢を届けます。京都紋付の心の底辺にある”和”に還る精神は永遠のテーマであり、昔ながらの技術と現代の融合を考え未来に和の黒を継承していきます。

kuro-img01.jpg
kuro-img02.jpg

​黒染めによりアップサイクルされたアイテム

Price

黒染めプライス一覧表

​​オーダーはこちらから ▼

バナーA (1).png

自然界には寿命を終え

​捨てられるものはない。

わたしたちが出来ることは何か、を考え取り組んでいます。

一度世の中に出た商品を黒染めすることでアップサイクルとして新たな衣類として再生する。企業軸では在庫の染め替えをすることで、新たな価値を持った商品としてアップサイクルします。

​消費者は、同じ商品で2度楽しむことができ、店頭では染め替えが来店動機となり資源の再活用がヒトとヒトを繋ぐと信じています。衣類の廃棄が減少することで、ひとつ目標を達成できます。

7-2.png
7-1.png

株式会社京都紋付 代表取締役 荒川徹

1996年4代目として就任、黒染めの研究開発を開始し洋装業界では他に例をみない深い色合いの黒染めを開発。

project (Re:II) エグゼクティブアドバイザーとして就任

株式会社スタイルエージェント 代表取締役 奥谷隆幸

「豊かなライフスタイル実現カンパニー」を志し2009年より事業を展開、2020年よりプロジェクト(Re:Ⅱ)を発足する。

project(Re:II)では、伝統とサステナブルとスタイリッシュを表現した「黒染め」を世界に広めていきます。

地方創生の観点においても日本の伝統技術を現在のマーケットに落とし込んでいきたいと考えています。

内閣府が認証する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」にて分科会の認証を取得し、

作る責任、使う責任を楽しんで果たせるように推し進めたいと考えます。

​我が国が、本来得意とするサステナブルな消費を取り戻していきます。

​​オーダーはこちらから ▼

バナーA (1).png